休肝日の効果と肝臓を労わる方法

休肝日を過ごす重要性

 

加齢に従って体の中の機能が衰えていきますが、その中でも肝臓の機能の低下は健康にとって多くの問題を引き起こします。肝臓の機能の低下は加齢によることもありますが、毎日の生活習慣によって起こることもありますので注意が必要です。

 

肝臓に負担をかける生活習慣はやはりアルコールによる部分が大きく、次いで食べ過ぎ、また食べ物の種類によるものがあります。

 

やはりアルコールの影響は大きいので、週に二日は休肝日をもうけるようにすることが大事です。また、休肝日はお酒を飲まないだけでなく、肝臓に必要な栄養を与えたり、また食べる量もふだんよりも少なくして少しでも肝臓が休める環境作りを心がけましょう。

 

肝臓の調子が悪くなると、疲れが抜けにくくなり、また全身の免疫力が低下します。お酒にも弱くなって酔いやすく、次の日にも残りやすくなりますし、その他にも下痢や便秘の原因になったり、体臭が出てきたり、肌の色が変わったり肌荒れを起こすようになります。

 

肝臓は良くも悪くも休みさえすれば自分で回復しますので、しっかり休みを作ってあげることが大事なのです。休肝日は、ただのお休みではなく治療する時間でもあります。肝臓の持つ自己治癒力を働かせるためには、普段のように多くの仕事をさせてはいけないのです。

 

休肝日を過ごすことによって、上記の問題の逆が起こります。健康に良い影響が随所に現れるようになりますし、お酒の楽しみ方も変わってくると思いますので、良い過ごし方をできるように気をつけましょう。

 

休肝日の効果とは? http://www.david-stuart.net/

 

肝機能と休肝日

 

肝機能の低下要因の代表的なものといえば、やはりアルコールの摂取であることは間違いありません。

 

アルコールの摂取によって肝機能の問題が起こる以上、できれば禁酒、そこまでできなくてもアルコールを節制することによって肝機能の改善を図ることは非常に重要なことです。肝臓は余計な負担さえ与えなければ自分で修復することが可能な器官ですから、休ませてあげる休肝日さえあればしっかりと健康と機能を維持してくれるはずなのです。

 

しかし、完全な禁酒は難しいという事情のある方も多いと思います。こういう場合は、肝臓の機能をできるだけ高めることができるように工夫するしかありません。

 

休肝日を設けることはひとつの方法ですが、その他にもサプリメントの摂取なども効果があります。特にオルニチンやタウリンの含まれているサプリメントは肝臓の働きを助ける効果がありますから、それによってアルコールの分解効率を高めたり、肝臓の細胞が活発に動いて自己修復を図るようになります。

 

肝臓の病気は最悪命の危険を伴うこともありますから、できる限り避けるべきです。しかし、ついつい大丈夫だろうと思って私たちは暴飲暴食をしてしまいがちです。瞬間の楽しみのために長い人生をフイにすることが無いように、いつも肝臓のことも思いやって休日を与えてあげましょう。肝臓の労働時間は間違いなくどんな人よりも長いのですから、休肝日を作り、栄養を与え、労わってあげることが長く働いてもらうために重要なのです。

 

継続できる休肝日の過ごし方

 

休暇日は定めるのは比較的簡単ですが、守るのは簡単ではなく、しかもそれを継続的に続けるというとなかなか成功しにくいものです。休肝日を守り、継続するためにはどのような工夫が必要でしょうか。

 

まず大事なことは、休肝日を意識することです。そのためにも、普段見るカレンダーに休肝日を書きこんでおくのは有効です。人は入ってくる情報が意識を作っていきますから、具体的な日程をいつも見える位置に書いておくことが大事です。家の壁に「禁酒」という文字を貼っている人もいると思いますが、より具体的に指示がされていた方が守る意識が高まっていいと思います。

 

自分が設定したルールが目に入ることで、無意識のストッパーになりますから、いざという時に思い返されてお酒を避けることができるようになるかもしれません。

 

また、休肝日を守るためには休肝日はなるべくアルコールを見ないようにするのがいいでしょう。できれば、テレビや新聞もお酒のCMが多いので避けるべきです。雑誌ではなく、何か読書をしたり家族と対話をしたり、ドライブに行くなどアルコールから遠ざかれるような生活を工夫してみましょう。

 

意志が弱いと自分で思う人は、飲食の場であるリビングやダイニングを避け、冷蔵庫やコンビニ、酒屋に近寄らないといった工夫が必要です。できるだけノンアルコールのお酒でごまかすということはしない方が良いでしょう。かえって刺激してしまってお酒が欲しくなってしまいかねません。

 

休肝日をどのように過ごすべきか、傾向は一人ひとり違いますから、自分に合った方法を研究することを忘れないでくださいね。

 

休肝日のメリット

 

肝臓には休肝日が必要だということは良く言われていますが、お酒が好きで毎日晩酌する人の場合はその休肝日を取ることが難しいということもあると思います。

 

しかし、休暇日の意味をしっかりわかっておくことは未然に肝臓の病気の発生リスクを減らすことに役立ちますし、無意識のストッパーをかけてくれますから、お酒が好きな方でも必ずそのメリットを理解しておきましょう。

 

休肝日のメリットは、肝臓を元気な状態に保てることです。肝臓の仕事はアルコールの分解だけではなく、大小あわせると数百の仕事をこなしていると言われています。少しでも忙しい肝臓の負担を軽くしてあげることで、体調が良くなるのは間違いありません。

 

また、肝臓を休ませることができればお酒の分解がよくできるようになり、悪酔いや二日酔いの防止にも有効です。肝臓がいつも忙しく動いている状態アルコールの分解機能を低下させる原因になりますから、意識的に肝臓を休ませてアルコールをより楽しめる状態をキープしておきましょう。

 

休肝日は目安として週に2日程度取れると良いとされています。ですから、週の中に一度、そして週末は肝臓を休ませてあげられたら良いですね。できれば一日おきにお酒を飲まない日を作れるように努力しましょう。

 

肝臓を休ませる休肝日には、できれば肝臓に良い食べ物を摂取したいところです。肝臓にいい食べ物には、良質なたんぱく質を含んでいて、かつカロリーや脂肪分が少ない食べ物を選ぶと良いでしょう。納豆や豆腐、イカやタコ、野菜などが良いでしょう。

 

休肝日と水素水

 

肝臓は人体においては工場のようにたとえられることがあります。有害物質を作り変えて排出し、また栄養素は体内で利用できるように加工して血液に送り出してくれます。そしてまた、多く作りすぎたエネルギーを貯蔵しておいたりと、多岐に渡る活躍をしているのですが、その重要な機能のひとつがアルコールの分解です。

 

アルコールの分解が仕事の中に入ってくると、肝臓は他のことを後回しにしてお酒の処理を始めます。それだけアルコールは人体にとって有害であると認識しておいた方が良いでしょう。

 

肝臓では他にも多くの仕事を行っており、大小あわせて500以上の仕事があると言われています。まさに工場のように日夜忙しく動き続けてその膨大な仕事を行っているのですから、余計な仕事を増やしてしまうのは良くありません。ぜひとも休肝日を作ってください。

 

休肝日には、肝臓を休めるだけではなく、肝臓に力を与えるようにメンテナンスをしてあげましょう。肝臓に害のある飲み物はお酒ですが、肝臓に力を与えてくれる飲み物のひとつに水素水があります。

 

肝臓には多くの水素が貯蔵されており、さまざまな物質の代謝のために使われています。水素水の持っている還元作用が肝臓の解毒作用に使われるので、肝臓の働きを助ける効果があると考えられるのです。

 

現在、水素水の健康効果について多くの報告がされており、今後も市場が拡大していくものと考えられています。お酒を飲む機会の多い方は、休肝日に飲める水素水を常備しておくのも良いのではないでしょうか。

 

目覚めたときに肝臓の状態がわかる

 

美味しくお酒を楽しみたいと思ったら健康でなければなりません。お酒を飲んだ翌日というのは、特に肝臓の健康状態がハッキリ出てくるところですから注意深く観察する必要があります。

 

ぐっすり眠れて翌日も元気、であれば問題ありませんが、眠りが浅いと感じたり、夜中に目が覚めてしまう、朝起きたときに辛いと感じてしまう、そういった方の場合には肝臓の状態に注意しなければなりません。

 

肝臓が悪いというよりは、肝臓の処理能力を超えて飲酒しているのが最も問題になるわけですが、肝臓が好調であれば処理できるものでも、肝臓が不調であると処理できない、ということがあるのです。

 

肝臓は基本的にハードワーカーで日夜ぶっ続けで労働しているようなものですから、機能の低下は避けられず、そのために毎日同じ量を飲み続けていたら調子がどんどん落ちていってしまうのです。これは少量だとしても同じです。

 

お酒を飲むようになると、アルコールの影響で眠くはなりますが、この時は一種の興奮状態に近い状態ですから、眠ってもあまりいい眠りにはなりません。疲れが残るということも少なくないのです。ですから、良い睡眠を摂ろうと思ったらしっかり休肝日をもうけるのが一番です。消化器官の修復時間を与えることにもなりますし、体内をリセットして健康な状態に作るのに役立ちます。

 

寝覚めの状態が肝臓の状態を知る最も良い手がかりのひとつですから、注意して観察するようにしてみてくださいね。

 

善玉・悪玉コレステロールの意識

 

コレステロールには、LDLとHDLと言うものがあります。それが悪玉と善玉コレステロールで、コレステロールを運ぶリポタンパクの働きで違ってくると言われています。LDLが悪玉です。HDLが善玉です。

 

LDLは悪玉ということで悪いものだと思っている人も多いと思いますが、これは、体の組織にコレステロールを運ぶ役割を持っているものなので、大事な役割を持っているのです。しかし、体の中の細胞が必要としている量は、限られているので、摂取してしまいすぎると血液中に流れて多くなり、血管に沈着してしまい、動脈硬化などの原因となってしまうこともあるので悪玉と言われているようです。

 

逆にHDLは、細胞の余分なコレステロールを回収する役割があり、血管に溜まってしまうコレステロールを回収する役割を持っているので、動脈硬化なども防ぐ働きがあり善玉と言われているのです。

 

実際に体の中ではコレステロールは必要と言えるのですが、悪玉が増えてしまうと様々なトラブルとなってしまう可能性があります。摂りすぎに注意が必要となってくるのもそれが必要になってきます。

 

また、LDLは粒が小さいので血管壁に入り込みやすく、酸化されやすく、血液の中でとどまっている時間も長くなってしまいます。それで、悪玉が悪いコレステロールと言われている原因でもあるのです。

 

体の中の仕組みを知ることにより、きちんとした食生活を送ることができるようになると思います。実際に若い頃は気にならなかったと言う人もいると思いますが、沢山の量を摂取した場合には、運動を行うなどする事も重要になってくることを頭に入れておくとよいと思います。

 

それでもLDLが気になるときサプリを使うという方法もあります。LDLコレステロール サプリ おすすめは、いろいろありますので自分にあったものを探してみるものよいと思います。

 

女性の薄毛って治りますか?

 

女性がメタボになるとハゲになる??
人間歳をとってくると、機器の経年劣化と同じように油は切れる、ゴミは貯まる、さびが生じてくる、ねじ穴が回転しないなどの現象が生じてきます。女性も更年期に入ると、加齢とともに基礎代謝が低下してきます。従って、若い頃のような量を食べ続けていると消費カロリーよりも摂取カロリーが勝り、カロリーオーバーとなります。

 

食事から摂取された脂質は、小腸から吸収されて血液中に入り生命維持活動に利用されます。上記女性のように、カロリーオーバーとなり消費されずに余剰となった脂質は中性脂肪として蓄えられます。また、中性脂肪は肝臓でもつくられており、炭水化物を多く摂取したり、アルコールの摂取によっても貯蔵量が増加します。

 

コレステロール(脂質)は体内で合成できる脂質で、細胞の材料となり体を作ります。しかし血液に溶け込めないので、リボ蛋白という物質に包まれて血液の中を流れて行きます。このコレステロールを体全体に行き渡らせるのが悪玉コレステロールで、逆に、余分なコレステロールを吸収してくれるのが善玉コレステロールとなります。

 

すなわち、HDL(善玉)コレステロールは、血管内壁にへばりついて動脈硬化を引き起こすコレステロールを引き抜いて肝臓まで運ぶ働きをしています。一方、LDL(悪玉)コレステロールは、細胞内に取り込まれなかった余剰なコレステロールを血管内に放置し、動脈硬化を引き起こす原因となります。

 

このように、内臓脂肪は重篤な症状を引き起こし、生活習慣病といわれる糖尿病、高血圧、動脈硬化、高脂血症の危険性を増していきます。

 

髪の毛との関係では、女性は男性に比べて皮脂量が少なく乾燥しやすい性質を持っております。加齢により頭皮が弾力を失って血行が悪くなり、髪に栄養分が行き渡らなくなって髪自体が細くやせていきます。また、肥満や高脂血症の影響により頭皮の皮脂分泌が異常となり薄毛を招きます。症状が進んでいくと脂漏性脱毛症が発症します。

 

髪は引っ張る力に弱いため、強いブラッシングにもダメージを受けます。抜け毛、薄毛は男性だけの関心事ではなくなってきています。食事療法、有酸素運動などの肥満対策と併せ育毛ケアを始めてみませんか?

 

まずはメタボ撃退から 内臓脂肪を減らすサプリランキング