喉の構造について

扁桃腺というのは身体を多くの菌やウイルスなどから守ってくれるリンパ組織です。私たちが健康的な生活を送っていくにはとても大切な器官として知られています。この扁桃腺があるのは喉の奥といったところにあります。では、その喉じたいの構造はどうなっているのかということをここでは書いていきましょう。

 

喉の構造というと、喉は咽頭と喉頭という部位で構成されている部位になります。扁桃腺はというと咽頭にあたる部分に存在しています。もう少し詳しくいうと、咽頭の中でも中咽頭という部分に扁桃腺は含まれているのです。

 

口を開けると、喉の奥の中央部分にたれさがっているものがあります。これは口蓋垂といわれるもので、一般的にはのどちんこといわれているものになります。口蓋垂よりも喉に築て、口からのぞいた状態だと、喉の入り口の左右にあるのが扁桃腺になります。

 

扁桃腺の名前には腺という言葉がついていますが、分泌腺の類ではありません。正式には扁桃腺のことを口蓋扁桃といいまして、医学用語でいうと、扁桃ということになります。

 

扁桃腺の後ろの部分にあるのが咽頭側索とよばれる部位です。喉の奥には粘膜である咽頭後壁というものがあります。さらに奥へいくと、首の骨である頚骨があり、頚骨の近くにはリンパ節があります。

 

また、扁桃腺には舌の付け根にのあたりにある舌扁桃とアデノイドといわれることもある咽頭扁桃、上あごの耳管内口周辺の粘膜の下に存在する耳管扁桃といった部位にわかれています。

 

口蓋扁桃、舌扁桃、耳管扁桃などは口の中で輪のように連なっているその配置からワルダイエル咽頭輪といった言われ方をすることもあります。どれも免疫に関係している器官となっていて、ウイルスや菌が入り込むことで腫れることや炎症を起こしていまうことがあります。

 

こうした腫れというのは外敵と戦って抗体を作りだしている状態ですので、そのまま放置せずに適切な治療をうけることがおすすめできます。時には首にあるリンパ節が腫れたり、痛くなることもあります。そうしたときは病院などの医療機関にて診察を受けるようにしてくださいね。

 

扁桃腺が腫れているのを放置していると、扁桃腺が肥大してしまったりという別の病気を起こしてしまうことがあります。基本的に風邪などであればそこまで心配する必要はありません。が、喉の痛みが長引くようであればいちど医療機関にて診察を受けたほうがいいでしょう。